コンと愉快な仲間の神倒し

17/20
2727人が本棚に入れています
本棚に追加
/424ページ
意気消沈したような声が聞こえウルの方を向くと、どんよりとした空気というか雰囲気が漂っていた。 何だかいたたまれない心境になり、とにかく心配になった私は声を掛けるのだった。 「ど、どうしたの?」 「い、いえ……ただ、今までは平地や小さな山でしたから良かったんですが、今度のは頂上も見えぬ山か海の向こう。私にとって神……コン様と仲間達は同じくらい大事なので、行くに行けず……はぁ……」 確かに、ウルなら何とかなりそうだけど、他の奴らはやっぱり普通だからダメだよな。 あれ、でもそう考えるとお別れ……もう、ウル達と一生会えないかもしれないじゃん。 「それは……嫌だな」 いっそ全員不死に…… 「あの、コン様」 「……えっごめん、何?」
/424ページ

最初のコメントを投稿しよう!