この世界について

1/2
99人が本棚に入れています
本棚に追加
/315ページ

この世界について

 ここは、我々のいる世界とは、違う歴史を刻んできた地球。  その世界は、2012年9月13日、太陽系に突如現れた巨大隕石が、まっすぐに地球へと飛来し、南極へと落下。  それにより、南極大陸は落下時の爆発と熱エネルギーによって消滅、海岸沿いの世界の主要都市や、小さな島国は、巨大津波に飲みこまれ海となる。  これが世にいう“南極浄土”である。  生き残った人々もその後の大飢饉、環境変化等により、犠牲となる。その結果、人類は総人口のおよそ半数にまで、人数を減らしてしまった。  その事件以降、今まで世界にわずかしかいなかった、異能力をもつ人々が少しずつ増えはじめた。生き残った人々は、その異能力を持った人々と協力し、滅びかけた世界を、再建し始める。  人々は、その異能力を持った人達を、“新人類”と名付けた。
/315ページ

最初のコメントを投稿しよう!