美樹

22/25
128人が本棚に入れています
本棚に追加
/283ページ
「俺が言いたいことわかる?」 「…わからない」 ぎゅっと握った手の甲に、涙が落ちた。 「直輝は初めから、産んだ母親と一緒に暮らしたいとかじゃなくて、ただ会いたかっただけなんだ。ちゃんと、美樹の元に帰ってきただろ?」 「……」 涙がどんどん溢れてきて、私は何も答えられない。 「直輝は産んだ母親より、美樹と一緒に暮らしていくことを最初から決めてたんだ」 光はそこまで言うと、私を優しく抱きしめてくれた。 「だから美樹は、もう何も不安に思うことないよ」 私は光の腕の中でたくさん泣いた。
/283ページ

最初のコメントを投稿しよう!