約束

10/10
114人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
ドレスの試着にしては、念入りにメイクやヘアアレンジまでしてくれるんだな…と不思議だった。 更衣室を出ると、誠さんもビシッとモーニングに着替え、本番さながらに係りの人に案内され、教会へ。 父の代わりにホテルのスタッフと腕を組み、教会の入口に立った。 扉が開き、まばゆいスポットライトを浴びると、一瞬目が眩んで何も見えなくなった。 それもすぐに慣れてきて、スタッフに促されて一歩ずつ歩みを進めていく。 厳かなパイプオルガンの響き。 正面は全面ガラス張りで、優しい陽の光が十字架を照らし、その前に立つ誠さんが微笑んで待っていた。 と、その時、突然拍手が… 誰も居ないはずの参列者席に、たった1つの影。 目にたっぷりと涙をしたため、私を拍手で迎える母の姿を捕らえた瞬間、私は歩みを止めて両手で口元を覆った。 そして、誠さんに目をやる。 誠さんも僅かに目を潤ませながら、頷いた。 "絶対に参列してくださいね!" あの時言った誠さんの言葉を思い出す。 ――約束…守ってくれたんだ… 当初思い描いていた形とは違ったけれど、父も母も私も、誰1人傷付ける事なく約束を果たしてくれた誠さん。 母の拍手に背中を押されるように再び歩みを進めた私は、誠さんまでたどり着くとそのまま彼の首に手を回して抱きついた。 -完-
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!