第10章 シュウに関する記憶・歯車に関する夢

1/44
566人が本棚に入れています
本棚に追加
/524

第10章 シュウに関する記憶・歯車に関する夢

午後六時に僕が『ピピ』に到着した時には、ロクはすでに酒を飲みながら待っていた。 いつものブランデーを、彼は舐めるようにして飲んでいる。 相変わらず、僕達以外に客はいない。 店内はどこか淋しげだ。 だけど、これが僕達の知っている『ピピ』の光景なのだ。 これが正しい『ピピ』の風景なのだ。 何が正しくて何が間違っているかなんて、確実に言えることはこの世の中にほとんどないけれど、『ピピ』の光景だけは少なくともこれで正しいと僕は断言できる。
/524

最初のコメントを投稿しよう!