最終章 そして歯車は回り出す

1/58
567人が本棚に入れています
本棚に追加
/524

最終章 そして歯車は回り出す

誰かがドアをノックする音で、僕は目を覚ました。 枕もとの目覚まし時計を見ると、午前八時を示している。 誰だろうと少し考えたけれど、僕の部屋を訪ねてくるのは美晴以外に考えられない。 僕はベッドから這い出し、はだけた浴衣を綺麗に整えた。 それからドアのところまで行って魚眼レンズで外の様子を覗く。 そこに立っていたのはやはり美晴だった。 僕がドアを開けると、美晴はにこやかに笑顔を浮かべ、「おはよう」と言いながら部屋に入ってきた。 美晴は椅子に腰をおろすと、すぐにタバコに火を点ける。 僕もベッドまで戻って腰を下ろし、タバコに火を点ける。 いつもの朝の一服だ。
/524

最初のコメントを投稿しよう!