プロローグ

1/21
1293人が本棚に入れています
本棚に追加
/880ページ

プロローグ

宇宙について考えた事、きっと誰しも一度はあるだろう。 広大なこの宇宙はまさに神秘に満ち溢れたものだ。 太陽系第三惑星である地球。 そこには大気があり、生命に満ち溢れている。 だがこの一般的に言われる太陽系とは、銀河のほんの一部に過ぎない。 我々のいるこの太陽系は、銀河系(天の川銀河)に属している 。 銀河系には太陽と同じように自ら光を放つ恒星が2000億~4000億個あると言われている。 だがこれも銀河の僅か一つに過ぎない。 銀河は観測されているだけで無数に存在し、我々の住む銀河系よりも大きな銀河も存在するのである。 例えばその中に、地球によく似た星があったとしても何ら不思議ではない。 そこでは地球人によく似て、地球人と同じような価値観を持ち、地球人と同じように生殖する知的生命体がいるかもしれない。 そう、宇宙はまだ、無限の中にあるのだ。
/880ページ

最初のコメントを投稿しよう!