第一話:私立VIP高校七大不思議

2/71
1394人が本棚に入れています
本棚に追加
/1123ページ
「橋であるか?」 遠方より参った友人が手土産に持ってきたのは、とある橋の下、崖から拾い上げたという掌ほどの大きさの石であった。 「むう、たしかに不思議な感じはするが……」 石を受け取った小柄な老人は、持ち上げたり角度を変えてみたりする。 じんわりと手に広がる、妙に生暖かくじっとりとした感触が気になった。 この友人が持ってくるのだから普通の石でないのは確かだろうが、だからといって、どんないわくがあるのかは分からない。 友人も、気が惹かれるがままに移動していたら、この石の元に辿り着いたそうだ。 石自体については、よく分からないと言う。 「ふうむ。まあ、ありがたく貰っておくのである――」 ( ^ω^)七大不思議と「せいとかい」のようです
/1123ページ

最初のコメントを投稿しよう!