No.03 冬

2/10
65人が本棚に入れています
本棚に追加
/50ページ
  今年は暖冬だと言ったのは何処の誰だ。 彪兎は葵家のこたつに入りそう毎日のように毒づいて居た。 季節は既に11月の後半であり、現在はテスト準備期間であった。 テストは一週間で1日3教科ずつで、彪兎たちが通う学校にはテストの1週間前にテスト準備期間と言うモノがある。 授業は午前中の4時間で終わりであったが、午後は自由課外授業があるのだ。 帰っても良いし、課外授業に参加しても良いのだ。 しかしながら彪兎はみんなで勉強をすると言ったキャラでは無い。 だから彪兎は葵家に行き、勉強する事にしている。 彪兎は頭の回転は早いが、勉強はイマイチであり、葵は逆で授業の内容のような1から教わる事ならば飲み込みが早いので、2人でやる勉強はそこそこはかどっていた。  
/50ページ

最初のコメントを投稿しよう!