22

9/26
1568人が本棚に入れています
本棚に追加
/1362ページ
なんで、そんな事聞くの...... まさか、知ってるわけじゃ...... 吉岡くんの、私を探るような瞳から、慌てて視線を逸らす。 「広瀬......答えて」 「......」 だから、なんで...... 私は、顔の脇で布団を握る両手にギュッと力を入れた。 「答えて......?」 私を急かす彼の声に、咄嗟に布団の中で口角を上げる。 「あの、なんで?風邪引いて、ケガなんか、するわけないじゃない」 呆れたように言った私の頬が、ズキリと痛んだ。 視界に入る吉岡くんが、真っ直ぐに私を見つめているのがわかる。 吉岡くんは、私の言葉を無視し、 「あの人......来たんだろ?」 祐ちゃんが来た事を確信しているかのように、私に問いかけた。 「......来て、ないよ......」 「何もされてない?」 「会って......ないし......」 「危険な目に合わなかった?」 「......ホントに、来てないから......」 「怖い目に合ったりしてない?」 「だから......ホントに......」 噛み合わない会話を続けていると、 「嘘つくなよ」 吉岡くんの声が、少しだけ低くなる。 私の身体がピクッと反応し、目線をそっと彼に戻した。 吉岡くんは、怒ってはいなかったけれど、 「話してくれるまで、帰らないから」 小さな声で、キッパリと言った。 .
/1362ページ

最初のコメントを投稿しよう!