聖夜

14/17
620人が本棚に入れています
本棚に追加
/173ページ
「あたし…今年も、プレゼント用意できてないや…。ごめんね。」 「そんなもん、いらねぇよ…。俺は、十分な物、お前からもらってる。だから、これ以上は、贅沢だ。」 「…あたしは、何もあげてないよ?」 「千秋は、自分で、気付いてないだけだ…。 俺は、お前に出会ってから、ものすごく沢山の物を、もらってるんだぞ。」 そう言って、ふわっと抱きしめる。 「…それに、見合うだけのもの、俺は、返せない…。 こんな、小さなプレゼント一つや、二つで、返せないんだよ…。」 「…あき…ら。」 「お前に、プロポーズした時に、言ったよな。 二度と、この手を離したくないって…。 残りの人生、あと何十年あるのか知らないけど、最期の瞬間まで、ずっと、千秋と一緒に、生きたいんだ。 お前と生きる人生は、俺のすべてだ…。」 速水の言葉は、多分、他のどんなプレゼントより、素敵な贈り物だ。 「…あたしだって、彰に、どれだけ沢山のものを、もらっていると思ってるの? そのお返しは、あたしだって、出来てないよ…。」 抱きしめていた手を解いて、千秋の顔を、覗き込みニコッと、笑いながら、言った。 「…今年は、めちゃくちゃに、でっかいプレゼント、先にもらったけどな。」 「えっ?」 「光輝。…産んでくれたじゃないか。 お前は、俺に、また一つ、幸福をくれたじゃないか。 それ以上の贈り物が、あるなら、見てみたいな…。」
/173ページ

最初のコメントを投稿しよう!