幼馴染「……童貞、なの?」 男「 」

1/277
1355人が本棚に入れています
本棚に追加
/277ページ

幼馴染「……童貞、なの?」 男「 」

 目覚まし時計のアラームは融通がきかない。  日によって気を利かせて鳴らなかったりするならもっと仲良くなれると思うのだが、今のところそんなことは一度きりしかなかった。  ちなみに原因は電池切れ。彼との付き合いの短さが露呈する回数だ。    あんまりにも融通がきかないので、最近では一度殴ることで沈黙させている。  暴力はあまり好ましくないが、言うだけで分からない奴には殴ってきかせるしかない。ときにはそういう場合もある。    女を殴ったと考えるのは寝覚めが悪いので、目覚まし時計を脳内で擬人化するときは男だということにしている。 「なおと」という名前もつけた。たまに話しかける。 「よう、なおと。俺、また女子に笑われちゃったよ……」  思い出すだけでせつない過去だった。 「元気出せよ相棒、らしくないぜ。あんたはいつも笑ってるべきさ。あんたが悲しい顔をしてると、どこかで誰かが悲しくなるだろう?」  彼はその神経質な性格が垣間見える説教で俺を励ました。  最近では何か嫌なことがあれば彼に愚痴を言う。最初の頃は頭がどうかしたのかと心配そうにしていた妹も、今ではかまってくれなくなった。 「ああ、またおかしくなったのか」とあっさり認めてくれる。理解のある家族で非常に助かる。
/277ページ

最初のコメントを投稿しよう!