《番外編2》月を追想する者

お前は、俺がどれくらいお前のことが好きなのか本当に分かっているのか?

翡憐

恋愛 休載中
6分 (3,236文字)

317 212

あらすじ

プロポーズをした朔夜。 それを受けた望の左薬指には贈った指輪。 「家族になろう」 そう言った朔夜の想い。 それは、家族を失った望のためだけに言った言葉ではなかった。 望。 俺は、お前

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品