流れ星

出会いは必然。全ては兄が消えた、あの時から始まっていたのかもしれない。

桜柚

歴史・時代 休載中 過激表現
9分 (5,307文字)

165 143

あらすじ

斎藤 詩(サイトウ ウタ) 閑かな田舎町で暮らす、十四歳の中学三年生。 彼女はドイツと日本の混血児。両親は既に亡く、養父と義理の兄達に囲まれ、日々を楽しく過ごしていた。 中学三年の夏休み

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品