一刻の戯れ

83/93
2840人が本棚に入れています
本棚に追加
/394ページ
シ カ ト ? お名前は、ないと。 じゃあ、鬼さんでええか。 「鬼さん、ここでなにしてんの? 」 返事こず。 さっきから喋らないわねぇ。 人のお話きくのはいいですよ。でもね、返事が返ってこないのは悲しいよ。 まー、いいや。 細かいことは、気にしないことが大事。 「しっかし、何にもないねぇ」 (ここは、あなたの中) は? ん? え? (私は、あなた) えーっと、もしかして。もしかすると。 「ルミネ?」 (うん。どうも、初めまして) あー、転生者として私がルミネという器に入ったから、本当のルミネは閉じ込められたわけか。 あいやー。 神様しっかりしてよー。 「あの、ごめんなさい。あなたをこんなところに追いやって」 (あら?別に文句なんてないわ。私、こっちのほうが楽だから。それに、ここ何も無いようにみえるでしょ?でも、私には、沢山モノが詰まってる。だから、心配しないで。たまに、ここに来てるれると私も楽しいし、嬉しい。 ………そろそろ、時間だからまたね。静ちゃん) 「時間?あ、うん。またね、ルミネちゃん」 次に目が覚めたときは、早朝でした。って言っても真っ暗。 うん、清々しくはない。 魔界ですから。 でもね、なんでバトーお姉さんじゃないな。お兄さんになってる状態で私のベッドにいるの? 「んー。ん、ルミネちゃんおはよ。俺、まだ寝る……」 「あ、はい」 びっくりし過ぎて敬語しか出ない。
/394ページ

最初のコメントを投稿しよう!