骨董屋“助猫”

大切な人へのーー思いーー承ります

望月梅嘉

12分 (6,907文字)

17 1

あらすじ

これはこれは、お客様。 我が骨董屋“助猫”へ、ようこそいらっしゃいました。 当店は小さな通りに店を構えている、しがない骨董屋でございます。おっと、これはご内密に。 店主は一癖も二癖もある初老

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品