本編

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

本編

「明日の朝には帰ってくるから」 母さんはそれだけ言うと、父さんと2人で親戚の通夜に出掛けて行った。 私は就職試験に向けての勉強で忙しく、朝まで留守番することになったのだ。 けれど、いつものことで慣れてしまっていた。 外で車のエンジン音がして、次第に遠ざかる。 お腹空いた。 枕元の目覚まし時計を見ると、もう7時だ。 部屋から出て、階段の電気をつける。 1階に下りていくと、キッチンだけ電気がつけてあった。 今日の夕飯は何だろう? そんなことを考えながら、廊下を歩く。 キッチンには、テーブルの上にラップのかかったオムレツがポツンと用意されていた。 母さん、ありがとう。 いつものことだが、そういうときこそ感謝の気持ちを忘れてはいけない。 椅子に座り、スプーンに手を伸ばしたそのときだった。 オムレツの傍らに紙が一緒に置いてあることに気づいた。 紙を引っ張り出して見る。 冷めないうちに食べなさい。それから、帰ってくるまで家から出てはいけません。 母さんの字でそう書いてある。 きっと留守番をしっかりしてもらいたいのだろうと、深くは考えなかった。 紙を横に置き、ラップを外す。 すると、その拍子にケチャップがまるで血のようにテーブルにしたたり落ちた。 今思うと、これが恐怖の始まりを告げるものだったのかもしれない。 オムレツはまだ温かく、かすかに湯気が立っている。 「ピンポーン」 半分ほど食べたところで、玄関のチャイムが鳴った。 突然のことにビクッとする。 車がないことはわかっているはずなのに……一体誰だろう? 気にしないでオムレツを食べ終わる 2ページへ 玄関に向かう 3ページへ
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!