転生です

3/6
941人が本棚に入れています
本棚に追加
/68ページ
?「うわぁ、マジかよ、ヤバそうだなぁ」 俺は熊が攻撃してきたからまた避けてた。少しでも無駄な動きをして体力を無くさないように気をつけて。 グアァーー! ブン! ?「ホッと」 スッ ゴス 熊の一撃がだんだん遅くなってきた。 俺はチャンスと思い熊の懐に入り熊の顎にアッパーを決めた。 グゥー バタン! ?「意外と倒せるもんだな」 そんな事を言って俺はその場を後にしたんだ。 ?「さてと、山も降りたし本屋行こっと♪」 俺は熊を倒し山から降りて暇だっだので本屋に行った。 ヒューーーーーーーーーーーーー ?「うん?音が聞こえるな」 ヒューーーーーーーーー ?「あれ?どんどん近づいてないか?」 ヒューーー ぐしゃ! 俺は落ちてきた何かに潰されて死んだ。 回想end これが俺が覚えている今日の1日だった。 ?「あっ、俺死んだんだ」 ?2「その通りだよ小山巧くん」 そいつは突然俺の後ろから声をかけた ヒュ! ゴス! ?2「グァ、何故……殴った?」 巧「すまない…後ろから声をかけてきたから思わず殴ってしまった」
/68ページ

最初のコメントを投稿しよう!