我が儘娘は修行中!

19/19
112人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
「なんで相談しなかったんだよ…」 ぶっきらぼうにしか言えない自分が情けない。 そんな彼の言葉を聞いて、彼女はクスリと笑う。 「だって… 自分がお金を出すと言ったのに、そんな事言える訳ありません。 まったく足りなかったわけではないのですが…手持ちが無いのも寂しいでしょ? まっ、正直新しい着物が欲しかったのですけど、古着でも可愛いの見つけてくださったので、とりあえず今は満足しておます。」 そして彼女はペロリと舌を出しおどけて見せた。 今日は彼女のいろんな顔を見て、土方はどう対処していいのかわからなくなる。 普段はたま涼しげな笑顔を見せるだけで大概無表情の彼女が、自分だけに見せる表情… 胸がトクンと高鳴る。 まだお互いにこの気持には気づいていなかった。 特に、薫は恋愛などしたこともなく興味もない。 前途多難な恋は、思いもよらない事で急展開する。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!