江戸時代にタ~イムスリップっ!

27/27
810人が本棚に入れています
本棚に追加
/396ページ
「総司ぃ!! やっぱお前そう言う事だったんだな?! これ以上、こいつに手を出したら切腹だぞ?!」 総司さんから私を奪い取り、自分の膝に乗せる土方さん。 いわゆる、膝に座り、後ろから抱き締められている状況である。 もう、訳がわからずなすがままの私。 心臓が、人生で一番活動しているようで、動悸がハンパない。 と言うか、全身心臓になっちゃったみたいにバクバクしている。 「はいはい、わかりましたよ。 土方さんも、いくら薫さんがカワイイからって、虐めないでくださいよ?」 おどけるように言う総司さん。 クスクスと笑う笑顔が、天使のようだ。 確かに…虐められたくはない(泣) 「俺の小姓なんだから、煮るなり焼くなり勝手だろう? ま、お前もせいぜい頑張るんだな」 耳元で喋られ、耳たぶに息がふっとかかる。 もう… 薫、限界です…/// 私は土方さんに身をゆだね、そのまま妄想の彼方へ落ちていった…
/396ページ

最初のコメントを投稿しよう!