土方さんvs総司さん

12/26
809人が本棚に入れています
本棚に追加
/396ページ
「はいはい、わかりましたよ。 土方さんも、可愛い薫さんを虐めて泣かせないでくださいよ~♪」 ニヤリといやらしく笑い、娘の方を見て「ねえ?」という感じで小首をかしげている。 隊務に関しては、かなり厳しい縛りがあるが、女に関しては皆、やりたい放題。 幹部なんかになると、妾をこさえても良いとされている。 俺は、総司に向かって、けん制も含めこう言い放つ。 「俺の小姓なんだから、煮るなり焼くなり、食べるなり勝手だろう? ま、お前もせいぜい頑張るんだな」 俺の腕の中にいる娘…薫をちょっとからかおうと耳元で喋ってやった。 薫は、身長はそこそこあるが、体は華奢だ。 胸はなさそうだが、女独特の柔らかさはあり、そして甘ったるい不思議な香りが首筋からしてくる。 薫の耳に土方の吐息がかかり、ピクンっと動く。 面白いじゃねえか… なんならもっとからかってやるか? といたぶって楽しもうと思っていところ、薫はなんと、俺の腕の中で気絶しやがった…
/396ページ

最初のコメントを投稿しよう!