*衝撃*

6/8
353人が本棚に入れています
本棚に追加
/250ページ
蜜柑「…蛍…絢音…」 絢音「もう…いいから…」 蜜柑「……」 絢音「蜜柑はこれ以上…苦しまなくていい…。 私達は…ずっとそばにいるから…」 絢音はそう言って蜜柑を優しく抱きしめた。 蜜柑「絢音…」 蛍「……」 蛍は柚希に近づいた。 蛍「柚希さん…これで分かったでしょ?」 柚希「……」 蛍「あなたが蜜柑を大切に思っている気持ちは分かるわ。でもそれは、あなたが何も知らなかったから。真実を知って…今でも蜜柑が大切?」 柚希「それは…」 蛍「……。少しでも蜜柑の事を恨む気持ちがあるなら…もう関わらないで。」 柚希「私は…」 蛍「中途半端な気持ちが蜜柑を傷つけるわ 」 柚希「……っ」 蛍「……」 蛍は蜜柑と絢音の方を振り向いた。 蛍「蜜柑、絢音、帰りましょう」 絢音「うん。蜜柑も帰ろ?」 蜜柑「うん…」 蜜柑達は寮に帰っていった。
/250ページ

最初のコメントを投稿しよう!