わたしの先生?

24/24
5751人が本棚に入れています
本棚に追加
/1000ページ
泣くなと言われても止められない。だって嬉し過ぎて。 空回りばかりして決して綺麗な気持ちばかりじゃなかった。 でも。 先生の目に映っていたのはピカピカしてる自分。 恋する気持ち。 愛する気持ち。 きっとこの気持ちが私を輝かせてくれていた。 私の知らなかったこの思いを教えてくれたのは。 先生なんだよ? 私、まだまだたくさん知らない事がある。だからもっと教えてね? 学校じゃ教えてくれない色んなこと。 先生が見つめる私がこれからも輝けるように。 「いっぱい愛を教えてね?」 「……バカ。言われなくてもそうするし。お望み通り全部教えてやるよ」 やっぱりユウは卒業しても私の先生だ。 わたしの……恋の先生だ。 『わたしの先生?』~fin~
/1000ページ

最初のコメントを投稿しよう!