再会する昨日と、嘘。

2/44
99人が本棚に入れています
本棚に追加
/391ページ
ガラガラガラ、コーン。 白い玉が勢いよく飛び出して、期待してもいなかった肩がなぜか落ちる。 「残念! ポケットティッシュになりますね」 「あ、どうも」 「ありがとうございました!」 無駄に明るい店員の声のおかげで、無駄に落ち込む自分に気付く。 どうせあたしなんか、福引きすらまともに当たらない人生を送っていますよ、と自嘲でもしたくなる。 ニコニコ笑顔の彼女の前でわざとらしくため息をついてから、あたしは特設カウンターに背を向ける。 店の入り口で立ち止まってポストカードを物色していると、中からカランカラン、と一際大きな音が弾けた。 「おめでとうございます! 一等、大当りです!」 さっきより十倍はテンションの高い店員の声。 思わず覗き込むと、スリムな男の人がのし袋を受け取るところだった。 「ありがとうございます」 奇声をあげるより先に感謝を口にしたその姿を、あたしは逸らしかけた目で二度見した。 ドクン、と素直な臓器が反応する。
/391ページ

最初のコメントを投稿しよう!