2

3/12
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
…ああ、私ここで死ぬんだ。 すっかり諦めたサヤであったが、ビリビリと派手な音を立てて引き裂かれたのは、サヤの衣服だった。 「な………」 千切れた布切れとなった服を両手でつかみ、なんとか体を隠そうとする。 「お前、喰うとこ少なそうだな…」 穴が開くかと思うほど体中を見られると、ただでさえ内気なサヤはただ丸くなることしか出来なかった。 震えるサヤの腕を、キースは強く掴みそのまま立ち上がらせる。 「……ちっちゃくて可愛いな。」 そう呟くと、今度はそっとサヤを持ち上げ、室内へと運ぶ。 埃っぽい絨毯の上にそっと寝かされたサヤは、窓から差し込む月明かりの中でキースの姿が変化していくのを見た。 「………へ?」 戸惑いと驚きのまじったような声をあげる。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!