案外テンプレにはならないらしい

22/27
11277人が本棚に入れています
本棚に追加
/278ページ
襲いかかってきたやつらの攻撃を避けながら心臓にむかって槍を突く。 2、3匹殺すと警戒して向こう側も距離をとった。 俺は槍をしまい次に弓矢を出して射る。 弓矢の扱いは初めてのため中々当たらなかったけど知識や大量に入っていた矢のおかげでようやく全滅した。 「やっと終わった。証拠品回収しないと」 「キャーーーーーっ」 ゴブリンの角を取り終わり袋にしまうと森の奥の方から悲鳴が聞こえた後、膨大な魔力の渦を視た。 「捨てられた主人公が魔力を解放したか?」 そんなことを言いながら悲鳴の聞こえた場所まで急ぐとそこにいた人物を見て息をのんだ。
/278ページ

最初のコメントを投稿しよう!