同居生活

7/8
283人が本棚に入れています
本棚に追加
/28ページ
体を洗うスポンジを手に取れば、ボディーソープを垂らして泡立てる。そのまんま、忠義の首筋に。 黄「まずは、首から洗うねん。」 そっから。腕、脇、胸。 忠義の突起にスポンジをあてれば、くすぐったそうにケラケラ笑って、毎日こんな事せなあかんのー?って。 いや、スポンジあてただけやん。 むしろこんくらいでくすぐったがる? もしかして、忠義の性感帯やったり? 黄「忠義、ここくすぐったい?」 緑「もう、りょー嫌やーそこ嫌やー」 そっから俺は、遊び半分の振りして突起をひたすら擦る。そしたら忠義の声も、くすぐったそうな笑いから段々色っぽい声に変わってきて。 緑「…っぁ、りょ、…やぁ」 黄「何が嫌なん?気持ち良い?」 緑「変、なる、ぅ…っ」 片方の手で摘まんだり弄ったり、スポンジで撫で回したり、いっぱい遊んでやればやるほど、忠義の声は甘ーくなる。 次第に俺自身も反応してきて、当たり前に忠義のも。 チラッと下に視線を移すと、忠義のモノは既に反り立ってて、まぁ記憶喪失やったとしても体は正直やって事。 黄「な、忠義。見てみ?お前のコレ」 緑「な、なにぃ…?」 黄「こんなんなってんで?」 ニヤリと笑って、形を変えたソレを指差せば、忠義は不思議そうに俺を見た。 緑「りょ、コレ、なんで…?」 黄「男やったらな、しゃーないねんで」 でもな?こうなったらそのまんまはキツいねん。やから、せなあかん事があんねん。 そうに言えば忠義は、 緑「教えて…?」 ほら、思った通り。 .
/28ページ

最初のコメントを投稿しよう!