‐スピカ‐

14/15
2380人が本棚に入れています
本棚に追加
/206ページ
『本当はさ、ずっと前から気付いてた』 『え?』 『昴さんが、流星を思ってた事』 『別に私は…』 『ダメだよ。昴さんに好意がある人の前で、そう言う事を言うと、期待させてしまうからさ』 『………』 『俺は、昴さんがハッキリしてくれないと諦めつかない』 『絢君…』 『お試し期待は、終わろう。ただの、バンドの仲間に戻ろう…って言っても、恋人らしい事なんてしてないから今までと、何ら変わりないけどな』 『絢君…ゴメン…』 『そのゴメンは、断りのゴメンとして捉えて良いんだよな?』
/206ページ

最初のコメントを投稿しよう!