彼は。

1/6
4189人が本棚に入れています
本棚に追加
/168ページ

彼は。

「未亜(ミア)欲しい?」 あたしの上に乗った裕(ヒロム)がいつもするみたいに、そう訊く。 だから恥ずかしそうに小さく頷く。 ヒロムの誘導尋問に導かれるまま、彼の求める羞恥の言葉が口に出る。その度、無表情であたしを見下げる。 その視線がナイフでも刺す様に冷たいから、より恥ずかしさに拍車をかけた。 それからゆっくりとあたしの脚を広げて、スタンダードな態勢で形を繋げた。
/168ページ

最初のコメントを投稿しよう!