2/10
947人が本棚に入れています
本棚に追加
/96ページ
 *  ギシギシと音を立てて彼がベッドを揺らす。  甘い吐息を漏らす私。  熱い吐息を漏らす彼。  どこにも行かないよ。  私は、アナタが好きだから。  何度もそう伝えるのに、腕の中に閉じ込めるようにして私を抱く。  抱かれている間は、私はアナタの腕と言う名の檻の中。      でも心はとっくに閉じ込められているってことに。  そろそろ気が付いてもいいんじゃない?  「俺の元からどこにも行くな」  そう言って。  今日も私の思考を真っ白にさせる。  いつもそう。  そしてまた、私の心が届かないまま意識を手放した。  *
/96ページ

最初のコメントを投稿しよう!