Sunday Morning

81/119
22618人が本棚に入れています
本棚に追加
/1116ページ
「彼の名前は、ホセ。熊さんみたいで可愛いでしょ~?」 「コンニ~チワ~!」 綾ちゃんはホセさんの腕にしがみ付いて、上機嫌。 確かに熊さんみたいだけど、可愛いというよりは、いかつい? そして、ホセさんの日本語の挨拶は、妙なイントネーション。 けれど、ニコニコしていて、とても大らかそうな人柄が、雰囲気から滲み出ている。 綾ちゃんの言う通り、広い心の持ち主のように見受けられた。 「ふーん…クソガキは、デブ専……ゴホッ!」 「わー!素敵な彼だねー!!」 ろくでもない言葉を発する前に、悪魔のオオカミの胸に肘鉄を入れ、阻止。 「そこにいる性悪イケメンより、よっぽどいい男だからね!」 「将さんは性悪じゃないもん!」 こちらの歯に衣着せぬ物言いにも、反論。 ・
/1116ページ

最初のコメントを投稿しよう!