前作のあらすじ

2/2
634人が本棚に入れています
本棚に追加
/265ページ
小学生の時に瑞季を好きになった幸介は中学生は恥ずかしくて瑞季と話すことはなかった 偶然高校が同じになって、同じクラスの美優に陸上部に誘われ戸惑うが、瑞季がいることを理由に入部を決意する。 そこでは、顧問に三段跳を勧められ本格的に練習を開始した。 部活をすることで幸助の身体能力は上昇し、体育祭で大活躍をする。 大会にでた幸介は僅差で近畿大会を逃す。 夏休みの終わりに美優に宿題を手伝って欲しいと言われ、美優の家で一泊する。 次の朝、偶然通りかかった瑞季に美優の家から出てくるのを見られ険悪な関係になる。 その後、幸介は瑞季の家に行き、美優との関係を明確にした上で、誤解を解くことができる。 許す条件として瑞季が提示したのは、1週間瑞季の家に泊まることだった。なぜなら瑞季の両親が1週間いないからだ その2日目の夜に強盗が入り、命懸けで瑞季を守るこ成功する その事に関して、瑞季の両親は正式に瑞季と幸介の交際を認める。 そのあと幸介は瑞季に告白し瑞季と付き合うことになった
/265ページ

最初のコメントを投稿しよう!