初出勤

18/19
619人が本棚に入れています
本棚に追加
/283ページ
電気は美穂の手によってほぼすべてけされてあり、唯一の蛍光灯は受付のみ。 帰っていいものか迷っていると、階段を下りてくる足音が聞こえる。 やっと挨拶が出来る。 思わず身構えた私の前に現れたのは、初めて見る女性だった。 慎重は私と同じくらいだが、患者の中には見なかった姿だと思う。 誰か、と問いかける間もなく口を開いたのは相手だった。 「色々覚えるまでは大変だと思うけど、頑張ってね。もう終わりだから帰っていいよ」 頭の中にいくつものクエスチョンマークが浮かぶ。 どうやら二階にいたと思われるその女性は、歳格好を見れば医師と同じくらいに見える。 美穂が妻かと勘違いをしたが、この女性が妻なのか。 外観は一軒家であるこの二階は住まいだと思っていたが、違うのか。 だとすれば、この女性は一人で挨拶をしにおりてきてくれたのか。 「お疲れさまでした。頑張りますので、よろしくお願いします」
/283ページ

最初のコメントを投稿しよう!