明かされる真の実力

19/19
11346人が本棚に入れています
本棚に追加
/1578ページ
「うん、そういう事。得意なのはどっちかというと剣技かな。剣技だけはなー……小さい頃からよくやってたから……」 クロードは少し下を向いて答える。 「剣技か。今度、剣の扱い方教えてくれよ」 「ああ、剣ならまかせろ。……っていうかレイトもやってたんだろ?」 クロードはニコッと笑って親指を立てたあと、怜人に突っ込みを入れた。 その隣にはニクラスの姿が見える。 クールで無口なニクラスは魔力の密度の話以来、黙って佇んでいた。 「ニクラスは?」 「僕?そうだな。……風だな」 突然の怜人の問いかけに、ニクラスは少し考えた後に言葉少なに答える。 一応、今までの皆の会話は聞いていたようである。 みんなそれぞれ得意とする属性を持っているようだ。 「これでわかったでしょ!あんたとあたしの差がね!」 レリアが怜人へ強気の口調で話しかける。 レヴァンに勝ち、満足げなレリアの顔は自信に満ち溢れていた。 「ああ、認めたくはないけどよくわかった。俺も早く魔法使えるようにならないとな」 怜人は自分に言い聞かせるように決意を新たにした。 はたして怜人は得意の魔法を見つける事ができるのであろうか。
/1578ページ

最初のコメントを投稿しよう!