第10話 -ハロウィーン-

2/10
133人が本棚に入れています
本棚に追加
/135ページ
理華「あっ、あと5分で予令鳴っちゃうよっ!!」 朝、いつものように光達はドタバタと登校していた。 ヒソヒソ… 後輩1「ねぇ、光先輩のカレシの噂、聞いた??」 後輩2「聞いた、聞いた!!光先輩かわいそ~…」 後輩3「チンピラの彼女なんて…別れられないんだろうね……。」 昨日と違って皆光を哀れむような目で見ている。 タ タ タ ッ 舞花「おはよー、光!…あのさ光、頑張ってね?あたし、分かってるから!」 光「ハハハ…(もうどうにでもなれ…)」 キーンコーンカーンコーン… 担任:安藤「分かってるだろうが明日は3年に一度の岡村ハロウィーンパーティだ。この行事は生徒の半数にカップル、もう半数にオバケに仮装してもらう。オバケ役は校内で脅かし役だ。今から全生徒にクジを引いてもらってカップル・オバケ役に分ける。出席番号順にクジ引いてけ~」
/135ページ

最初のコメントを投稿しよう!