櫻子さんの足下には死体が埋まっている

彼女と僕が出会う死体は、いつも悲しい――

太田紫織

4時間8分 (148,623文字)

1.8万 9,776

あらすじ

とある事件をきっかけに『僕』が知り合ったのは、 広い庭のある古い洋館にばあやと2人きりで住んでいる『櫻子』さん 人間が大嫌いで、三度の飯より骨が好き 趣味は骨格標本を作ること そんなエキセントリ

感想・レビュー 43

こちらこそありがとうございました

最新刊のサイン入りがリアルな直筆で感動した。ありがとうございましたと書かれていて、こちらこそ!と拝んでしまった。 コーチャンフォー新川の書き下ろしも大事にしています。

こちらこそありがとうございました

最新刊のサイン入りがリアルな直筆で感動した。ありがとうございましたと書かれていて、こちらこそ!と拝んでしまった。 コーチャンフォー新川の書き下ろしも大事にしています。

こちらこそありがとうございました

最新刊のサイン入りがリアルな直筆で感動した。ありがとうございましたと書かれていて、こちらこそ!と拝んでしまった。 コーチャンフォー新川の書き下ろしも大事にしています。
もっと見る

この作者の作品

もっと見る