溝鼠の唄

神戸の裏社会を歩く不良少年の青春 神戸の裏の物語。

マルムス

青春 完結
16分 (9,135文字)

86 4,360

あらすじ

加筆を加え、望月麻衣さんの古都&港町特集のイベントに参加させて頂きます。 新作書けなくてごめんね 表紙提供 木村アヤさん /_ilst_view?w=23162745

タグ

感想・レビュー 10

あまりに美しくあまりに切ない物語に、若輩者の自分がレビューなど大変おこがましいのですが、感想という概念で捉えてください。 途中、胸が熱くなりました。沢村さんの男気、亡くなった友への想い。短編とは思え
ネタバレあり
1件
疾走感あふれる短編映画を観ているかのようでした。 登場する人々が皆、いきいきとしていて、真っ直ぐに生きるマルちゃんの正直さに私まで気持ちがシャンとします。 沢村さんの男気に惚れ惚れとして(格好い
ネタバレあり
1件2件
過去は過去として、まっすぐに受け止め、なお楽しむ余裕を感じられました。 すっぱりと抜け落ちた奥様の存在に、どこか拘る思いがあるのでしょうか。 粋な計らいに。 それに応えたマルムスさんに。 心か
2件
もっと見る