今夜がヤマダ!

1/3
240人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

今夜がヤマダ!

外科の手術から1週間ほど経過した。 お昼ご飯を食べ 横になっていると 急に気分が悪くなった。 呼吸が激しい。 私の体が変だ。 すぐナースコールを押した。 看護士さんが飛んできて下さって 私の様子がおかしいので ベッドごと何処かの部屋に運ばれた。 汗がとまらないし 呼吸も激しくなり、呼吸できない。 あとの症状は胸が気持ち悪いだけ。何処が痛いでもありませんでした。 激しい呼吸をしていると少し意識が飛んだようになり 夢の中に居ました。 淡い桃色の景色に 白と赤の花びらで出来てる龍が 頭に乗れと言っている。 私は夢の中で 龍の頭を突飛ばした。 すると 沢山の花びらが舞ってとても綺麗でした。 次の瞬間、外科の当直の先生のが 声をかけてくれた。『大丈夫?意識ある?』 私は コクリとうなずいた。その時から少し意識が戻ったように思う。 でも視界はボンヤリしていて夢の中に居てるようだ。 当直の先生は CT室に電話をして 緊急で一名お願いしますと言っていた。 CTの方は無理だと言ったようだったが 当直の先生は 何度も電話し、CTが撮れるようにしてくださりました。 何度もCTに掛け合って下さってる声がカッコイイったらありゃしない。 すこしボヤけた意識の中で当直の先生はシルベスタースタローンのように私の目には映っていました。 スタローン先生のお陰で、無事にCTもできました。 CTの結果 右足の太い血管がもろくなっていて破れ 血が流出しているとのこと。 命に関わるような大変な状況になっていたようです。 沢山の輸血をしながら 直ぐにカテーテルの手術になりました。 私が息苦しくなった時点で実家に電話してくださってたので 両親が駆け付けてくれてました。 両親に笑顔をつくって 『大丈夫。戻ってくるからね。』と言ったように思います。←あまり覚えていない。 カテーテルは循環器科の先生が局所麻酔をして上手に入れてくださいました。 カテーテルが終わってから 術後の人達の部屋に移動になりました。 私は いろんな事がイッキにおこりすぎて頭も身体も疲れていたので 知らない間に眠っていました。
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!