「彼女」として

22/25
4347人が本棚に入れています
本棚に追加
/570ページ
そんな姿を見ていたら、また眠気が襲ってきた。 「ソファで寝ようかな…」 と、考えたけど。 「……」 何故だろう、この場所から離れたくない。 恭平さんのそばにいたい、付き添っていたい、という感情が、私の足を重くさせた。 「…何かあったら、すぐ起こしてね」 恭平さんの寝顔にそう呟いて、私はベッドの端に寄り掛かるようにして、目を閉じた。
/570ページ

最初のコメントを投稿しよう!