断罪

21/24
2569人が本棚に入れています
本棚に追加
/1209ページ
「それは、彼女がそれを望んだからだ」 「おばあちゃんが?」 父は頷くと、懐から手帳を取り出した。 「芯のしっかりした強い人だったよ。お前に真実を報せるその時まで、絶対に隙を見せない様にって……遺言だった」 手帳の間に挟まれていた手紙を僕に差し出した。 大正終わり頃の生まれの筈なのに、明治の時代の人の様な印象の祖母だった。 いつも髪を結い上げて、地味な着物を着ていた。 白い割烹着と、頭に手拭いを被って掃除をしている姿を思い出す。 どちらかと言えば、貧しい家の出だった祖母だが、住み込みで働いていた所の商家の旦那様が厳しい人で、散々叱られたと聞いた事がある。
/1209ページ

最初のコメントを投稿しよう!