俺と彼 Ⅱ

5/5
433人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ
「今更、だろ…?」 「遅くなって、ごめん…。でも、俺は…」 「いや、だ…。聞きたく、ない。僕、ボクはっ…―――んぅ!?」 シアワセ ニ ナッチャイケナイ そう言いそうだった彼の唇を、無理矢理塞ぐ。 驚いたような彼の表情を今までにないほど近くで見て。 あぁ、やっぱり愛しいと。手放せないと、思ってしまった。 ばたばたと暴れるけれど、哀れなほどに、彼の抵抗は力がなくて無意味だ。 もともと華奢だったところに、この病院での年月が、彼から力を奪ったんだろう。 片手で、彼を押さえつけて。もう片方の手で、彼の頭を固定して。 唇の狭間に舌を割り入れれば、ビクリと、その体が跳ねた。 俺は、勝手だな。 彼から愛されたときは拒絶して、彼が俺から離れようとすれば、それを阻止して。 そして今も、愛されたいがゆえに、彼がこの数年で築き上げてきただろう無感情な仮面を、壊そうとしている。 それでいて、護りたいとも、思っていて。 固定していた手を離して、体のラインに沿って滑らせる。 怯え、困惑した表情はどこまでも俺を煽って。でも駄目だと、頭の隅で理性がブレーキをかける。 “恋愛に教科書はない。だから、ボクの愛は、愛し方は、間違っているのかもしれないね…” かつての君が、たった一瞬だけ、小学生の俺に見せた戸惑いと後悔。その意味がやっと分かった。 明確な正解がない。手順も、方法も、あっているのか分からない。だからこの感情をそう呼んでいいのかも分からない。 でも、明確な正解が見えないからこそ、自信を持てることもある。誓えることがある。 だからこそ、郁、俺は… 護りたいという感情と、壊したいとすら感じる衝動がない交ぜになるこの想いを、俺は愛と名付けよう。
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!