第七章:嵐の前の

40/84
137088人が本棚に入れています
本棚に追加
/1068
なおみは、少し緊張した面持ちで、クロの影に隠れる。 「君、名前は何て言うの?」 『……なおみ』 修一が正面に座って笑顔を向けると、なおみは小さな声で、名を名乗った。 「なおみちゃんね。よろしく」 「珍しく、ピュアな霊スねー、成仏しないのがおかしいくらいに」 「幼すぎて、何もわからないってこともあるから。まあいいじゃない、気が済むまでここに居ていいからね」 なおみは修一の言葉に頷くと 恥ずかしそうに笑って、クロにぎゅっと抱きつく。
/1068

最初のコメントを投稿しよう!