あとがき

2/3
51人が本棚に入れています
本棚に追加
/43ページ
毎回、癒し系だの和み系だの言われてる私が、今回こんな血まみれ系の小説を書くとは思っていませんでした。自分でもびっくりです(;゚;ω;゚;) これ、ジャンル 何? ファンタジーにしちゃったけどやめたほうがいい? 慣れない事すると右も左もわからないねー(;゚;ω;゚;) こういうの書きたくなったのも、おにぎり丸様と、銀色様の作品の影響です。あたしもこーゆーの書きたぁぁあああい!!!!って、激しく思ってしまったのです。憧れが高じて真似して作品を書いてしまいました(>_<)いや私なんかは足元にも及ばないけど、ごめんなさいの気持ちを込めて作中におにぎりとサンドイッチを登場させたよ。あんま意味なかったかな?(;゚;ω;゚;)アハハ これね、今回は、THE BACK HORNのベストアルバム聴きながら書いてました。バクホンの曲は男目線でヘビィなものがほとんどなので、実は最初、主人公は男の子の予定でした(;゚;ω;゚;)男の子が戦ってても普通かな?って思っちゃってやめたんだ。 そしてそしてっ。 今回、私、絵も頑張りました。描きたいイメージが出来上がっていたので、絵師さんに頼まず全てセルフプロデュース(^-^;) 「電波塔描きてぇ」とか思って写メ撮り走り回ったりもしました。都心部の写真は無理なのでネットで画像拾いましたが。 全体的にどうだったかなぁ……?感想いただけると嬉しいです。 それではこんなところまで見てくれた皆様!!!! ありがとうございました!!またねー(o>ω<o)
/43ページ

最初のコメントを投稿しよう!