首輪と孤独と嘘と

堕ちて逝く。

0 0

概要・あらすじ

作者: 漆黒の紫陽花
3分 (1,248文字)
堕ちて逝く。 底が見えない闇の中。 光りすら見えなくて、 私の終わりは何処に有るの?

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2012/1/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る