秘密の話

7/34
261人が本棚に入れています
本棚に追加
/132ページ
足げにされたほうは、軽く蹴られただけみたいで、すぐに立ち上がってまた挑みに行こうとした。 それを止めた相方は一言言って、彼の後ろ姿を見た。それで足げにされたやつの勢いは止まる。 たぶん、あれが広世藍だって気付いたんだな。 知らないで挑んで軽くあしらわれて。しかも足だけで蹴散らすとか。どんだけ。 適当に流された2人は連れだって校門の方へと向かった。 おい。今日、始業式だから。休みじゃないよ。そっちは出口。入り口は反対ですよー。 誰か先生が追いかけてくることもなく、無事に2人は門の外に出ていった。 ダメだろ、うちの学校。 手元を見ると開いたままで画面が真っ暗になった携帯。 そういえば、メールしようか悩んでたんだ。しなくてよかった。 すぐそこにいるのにメールするなんて、恥ずかしいじゃん。 パチンと2つに折り畳んでポケットにしまった。 .
/132ページ

最初のコメントを投稿しよう!