ようやく文化祭本番です!!

6/6
4015人が本棚に入れています
本棚に追加
/437ページ
個人的には攻めがいいけど・・・、シチュエーション次第では受けも美味いんだよなぁ・・・。 と、同志の方以外にはとてもじゃないが聞かせられないような事を考えていた時だった。 「あ、元久君。ちょっといいかな?」 「?なぁに~」 俺を呼んだのは、同じクラスの更伊君だった。 本来なら、もう森蘭丸の格好に着替えてるはずなんだけど・・・。 「紐が絡まったから助けて~!」 「亀甲縛り!?」 いやもう何て言えばいいんだろうねコレ。 呼ばれて向いたら紐が絡まったなんて言うんじゃなくて、見事に縛り上げられてるクラスメートがいたって言うのが上手く伝えられないもどかしさ! 廉地君、下手に解こうとしないで!君にまで絡まりつつあるから! 「・・・ほどけませんー・・・・・・」 あ゛ぁ゛ぁ゛!遅かったー! 「解いてあげるから、二人とも大人しくしててねぇ!絶っ対に動かないでよぉ~!!」 ドジっ子属性と何か萌えそうなシチュエーション御馳走です! でもすっげー面倒臭ぇ! この気持ち、次の同人誌作成の時にぶつけまくってやる・・・。 そんな事を思いながら、無事に紐を解ききった俺でした。
/437ページ

最初のコメントを投稿しよう!