300円ルール。

ふと思い出す、あの日のこと。

20 17

12分 (6,694文字)

あらすじ

ぼくは、遠足が好きだった。 何故なら―― 誰しもが経験してきた、少年時代。 それはふとした瞬間に思い出される。 道を歩いてたらふと思いついた短編小説です。 どうぞ読んでみてく

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

なんだか、 とても懐かしい気持ちに なりました。 そのせいか無意識の内に、 『うん!! うん!!』 と頷いてしまいました。

その他情報

公開日 2012/2/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る