混迷

13/21
230人が本棚に入れています
本棚に追加
/89
監禁されているのか 望んで捕らわれているのか もう意志など関係なかった。1ヶ月間ぐらいの時間だったと知ったのは女の高級マンションを出てからだった。 その時間の感覚さえ忘れる生活の中で女が自分にしたこと、自分が女にしたことは脳でも言葉に置き換えるのが不可能な部分と体でしか記憶していない。 なんかね、少年が男に変わったばかりの肌の感触が良かったのよ 消耗し切ってマンションを出るとき女が自分を選んだ理由として最後に告げた。 もう普通の恋愛はできないだろうな 朦朧とする彼の意識に刻みついた。
/89

最初のコメントを投稿しよう!