3/14
5466人が本棚に入れています
本棚に追加
/564ページ
ここは、あるホテルの一室。 といっても、ビジネスホテルでもリゾートホテルでもない。 ピンクの壁紙、ピンクのソファー、ピンクのカーテン。 ピンクのベッドにはもちろんピンクの布団。 照明までピンクときてる。 ここまでピンクだと、色彩感覚が狂って気分が悪くなる。 今時こんなホテルがあるのかと、ある意味感心してしまうほど悪趣味なこの部屋。 場末という表現がぴったりな、ラブホテルの一室だ。 そんな病的なまでにピンクな部屋に、私、花岡 里桜[ハナオカ リオ]は呆然と立ち尽くしていた。 .
/564ページ

最初のコメントを投稿しよう!