神崎家と花音

34/43
7594人が本棚に入れています
本棚に追加
/182ページ
昴さんはわざとらしく溜め息をついて、それから私の隣に座った。 「あ……」 昴さんは不機嫌な表情でぼそりと呟いた。 「コーヒーだけ飲んで帰る」 私は思わずにやけ顔になってしまう。 「何だよ」 「いいえ、何でもないです」 大和さんと昴さんが直接話すことはほとんどなかったけれど、それでも大和さんは何となく嬉しそうだった。 .
/182ページ

最初のコメントを投稿しよう!